サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

凡例 シンプルなページに移動

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治26年

冬枯や酒蔵赤き村はづれこの句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 480改造社版1 383・講談社版1 412

冬枯や賎が檐端の烏瓜この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 480改造社版1 383・講談社版1 412

冬枯や絵の嶋山の貝屏風この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 480改造社版1 383・講談社版1 412

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬枯 215

冬枯や雑木の奥の松林この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 480改造社版1 383・講談社版1 412

冬枯や巡査に吠ゆる里の犬この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 383・講談社版1 412

収載句集

獺祭書屋俳句帖抄 上巻 21

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)冬枯 215

子規句集(高浜虚子選) 83

冬枯に犬の追ひ出す烏哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 383・講談社版1 412

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 83

冬枯にうら紫の万年青哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 383・講談社版1 413

冬枯の垣根に咲くや薔薇の花この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 383・講談社版1 413

収載句集

寒山落木抄

子規句集(高浜虚子選) 83

冬枯の木間に青し電気燈この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 383・講談社版1 413

冬枯の一隅青し三河嶋この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 383・講談社版1 413

冬枯をのがれぬ庵の小庭哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 383・講談社版1 413

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 84

辻君の衾枯れたる木陰哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 383・講談社版1 413

蕪引 かぶらひき

よつ引てひようとぞ放す大蕪この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 384・講談社版1 413

大根引 だいこんひき

夕月に大根洗ふ流れかなこの句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 384・講談社版1 413

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 84

紙燭とつて大根洗ふ小川哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 384・講談社版1 413

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 84

大根引く音聞きに出ん夕月夜この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 481改造社版1 384・講談社版1 413

練馬道大根引くべき日和哉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 482改造社版1 384・講談社版1 413

葱 ねぎ

葱洗ふ浪人の娘痩せにけりこの句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 482改造社版1 384・講談社版1 413

白葱の一皿寒し牛の肉この句をメールに添付

寒山落木 二 正岡子規自筆本 (国立国会図書館蔵)画像

子規全集

アルス版1 482改造社版1 384・講談社版1 413

前のページへ 022 023 024 025 026 次のページへ

寒山落木 巻三 明治27年冬の句へ

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…