サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

壽老人賛*

其杖も男鹿の角も冬木立

茶の花 ちゃのはな

茶の花の茶の葉あるこそ恨みなれ

庭下駄に茶の花摘まん霜日和

茶の花や霜にさびたる銀閣寺

枯柳 かれやなぎ

井戸のぞく小供も居らず枯柳

枯柳相如が題字古りにけり

帰花 かえりばな

入相の鐘に開くか帰り花

蔵陰に雀鳴くなり帰り花

帰り花比丘の比丘尼をとふ日哉

寒梅 かんばい

日の筋の一つ二つは寒の梅

寒梅や焚き物盡きて琴一つ

山茶花 さざんか

山茶花の椽にこほるゝ日和哉

山茶花や石燈籠の鳥の糞

寒椿 かんつばき

寒椿力を入れて赤を咲く

年中の明家なりけり冬椿

寒椿落て氷るや手水鉢

枯薄 かれすすき

うしろから吹く風多し枯薄

枯尾花姥のやうにて恐ろしき

狼のふみゆく音や枯尾花

尾花枯て砂利ほる丘に鴉鳴く

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…