サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

干網に吹きためられし落葉哉

月寒し木葉衣を風わたる

湖の上に舞ひ行く落葉哉

徳利提げて巫女帰り行く落葉哉

椽に干す蒲団の上の落葉哉

弓杖に人の佇む落葉哉

大寺の屋根にしづまる落葉哉

鼓うてば木の葉散る也能舞台

根岸草庵

三尺の庭に上野の落葉かな

上野公園

落葉掃く腰掛茶屋の女哉

芭蕉像賛*

寒ければ木の葉衣を参らせん

紅葉散る もみじちる

かけ橋や今日の日和を散る紅葉

釣鐘に紅葉の画賛

散る紅葉女戒を犯す法師あり

冬木立 ふゆこだち

犬吠て里遠からず冬木立

産神や石の鳥居も冬木立

野の宮の鳥居も冬の木立哉

山陰や村の境の冬木立

村もあり酒屋もありて冬木立

ひかひかと神の鏡や冬木立

宮嶋

沖中や鳥居一つの冬木立

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…