サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

諏訪の海女もわたる氷哉

白鷺の片足あげる氷哉

摺鉢を手水鉢におろして

水鉢の氷をたゝく擂木哉

氷柱 つらら

大仏の鼻水たらす氷柱哉

つらゝして轆轤の雫絶えにけり

千鳥 ちどり

散ると見てあつまる風の千鳥哉

渺〃と何もなき江の千鳥哉

関守の厠へ通ふ千鳥哉

牛のつらに崩るゝ闇の千鳥哉

船に積む牛のさわぎや小夜千鳥

新田や牛に追はれて立つ千鳥

蜑が家や行燈の裏に鳴く千鳥

鴨 かも

竹藪の裏は鴨鳴く入江哉

鴨啼て小鍋を洗ふ入江哉

一つ家に鴨の毛むしる夕哉

鴛鴦 おしどり・おし

薄雪にふられて居るや鴛一つ

あはれ也死でも鴛の一つがひ

浮寝鳥 うきねどり

朝見れば吹きよせられて浮寝鳥

鳰 にお・かいつぶり

かいつぶり思はぬ方に浮て出る

冬の蜂 ふゆのはち

人をさす剣はさびて冬の蜂

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…