サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

雪 ゆき

風吹て雪なき空のもの凄し

ともし火を中にあら野の吹雪哉

松原の見こしに白し雪の山

雪の中へ車推し出す御公家町

惜い事降る程消えて海の雪

寝ころんで牛も雪待つけしき哉

蓑笠に雪持ち顔の案山子哉

雪のくれ乾鮭さげて戻りけり

雪の日や海の上行く鷺一羽

飛鳥山

雪晴れて筑波我を去ること三尺

雪仏 ゆきぼとけ

掛乞をにらむやうなり雪仏

画讃 (雪達摩)

此下に冬寵の蟇眠るらん

霰 あられ

かたかたは霰ふるなり鳰の月

大仏のからからと鳴る霰哉

有明の霰ふるなり本願寺

風吹て霰虚空にほどばしる

りきむ程猶はね返る霰哉

柴漬になぐりこんたる霰哉

枯野 かれの

旅人の蜜柑くひ行く枯野哉

信長の榎残りて枯野哉

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…