サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

あかゞりのわれる夜半や霜の鐘

雪車 そり

引きすてた雪車に来て寝る小犬哉

臘八 ろうはち

臘八や俄かに見ゆる人のやせ

風吹て師走八日といふ日哉

煤払 すすはらい

鼻水の黒きもあはれ煤払

南無阿彌陀仏の煤も払ひけり

牛はいよいよ黒かれとこそ煤払

煤払のほこりを迯て松の鶴

煤払のほこりに曇る伽藍哉

煤払ひ鏡かくされし女哉

来あはした人も煤はく庵哉

梢から烏見て居る煤払ひ

煤掃て金魚の池の曇り哉

岡見 おかみ

煤掃て香たけ我は岡見せん

暦売 こよみようり

暦売侍町の静かなり

衣配 きぬくばり

傾城の紋は何紋衣配り

餅搗 もちつき

餅の音虚空にひゞく十萬戸

節季候 せっきぞろ・せきぞろ

節季候や五條をわたる足拍子

耳遠し節季候何と申やら

追儺 ついな

風吹て鬼逃げて行くけはひあり

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…