サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

たふとさに寒し神楽の舞少女

庭火 にわび

木立枯れて夜半の庭火のあらは也

玄猪 げんちょ

竈から猫の見て居る亥子哉

吹革祭 ふいごまつり

大鍋に吹革祭の蜜柑かな

夜興引 よこひき・よこうひき

夜興引や寺のうしろの葎道

鉢叩 はちたたき

面白う叩け時雨の鉢叩き

京の夜も此頃さびて鉢叩き

病中

飯くはぬ腹にひゞくや鉢叩き

寒念仏 かんねぶつ

鳥部野にかゝる声なり寒念仏

寒念仏京は嵐の夜なりけり

あの中に鬼やまじらん寒念仏

寒垢離 かんごり

寒こりや思ひきつたる老の顔

網代 あじろ

雨の夜や動きもやらず網代守

納豆 

納豆の味を達磨に尋ねばや

摺小木に鶯来鳴け納豆汁

玉子酒 たまござけ

猩〃を巨燵へ呼ばん玉子酒

薬喰 くすりぐい

豚煮るや上野の嵐さわぐ夜に

鶯に鍋のぞかせじ薬喰

風呂吹 ふろふき

風呂吹や北山颪さめやすき

皸 あかぎれ

あかゞりや京に生れて京の水

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…