サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

行年や並びが岡の歌法師

行年を跛の女房静かなり

行年を紅粉白粉に京女

冬雑 

きぬぎぬの鴉見にけり嵯峨の冬

寄席に遊びて

とにかくにをかしき冬の扇哉

十夜 じゅうや

薪わりも甥の僧もつ十夜哉

渋色の袈裟きた僧の十夜哉

牛も念仏聞くや十夜の戻り道

鬼婆〃の角を折たる十夜哉

鄙人のかしこ過ぎたる十夜哉

神送り かみおくり

風吹て鈴鹿は寒し神送

裏門はあけたまゝなり神送

達磨忌 だるまき

達磨忌は去年のけふの心哉

達磨忌やけふ煙草屋の店開き

達磨忌や更けて熟柿の落つる音

達磨忌や赤きもの皆吹落し

爐開 ろびらき

爐開きや蟇はいづこの橡の下

爐開きや越の古蓑木曽の笠

爐開きの客もあるじも盲かな

髪置 かみおき

髪置や僧になるべき子は持たず

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…