サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

春立て鴉も知らず年の内

大三十日 おおみそか

宮様の門静かなり大三十日

元日の餝りながらに大三十日

又三百六十五度の夕日哉

あすあすと言ひつゝ人の寝入けり

春待つ はるまつ

春待つや小田の雁金首立てゝ

歳暮 せいぼ

年の波世渡りのかぢをたえてけり

居酒屋に今年も暮れて面白や

老のくれくれぐれもいやと申ししに

行く年にのりあふ淀の夜舟哉

たらちねのあればぞ悲し年の暮

一年の夢さめかゝる寒さかな

世の中やこんな事して年の行く

腫物の血を押し出すや年の暮

老憎しつもる年波打ては返らず

一ふりの名刀買ひぬ年の暮

香煙の美人にもならず年暮れぬ

王事蹇〃蓑着て年の暮れにけり

風吹て今年も暮れぬ土佐日記

天人に舞はせて見ばや年の空

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…