サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

ほつちりと味噌皿寒し膳の上

旭のうつる河岸裏寒し角田川

熱田

むら雲の剣を拝む寒さ哉

雅俊不犯の鐘うたせたる事を

鐘うてば不犯とひゞく寒さ哉

飄亭出営

三年の洋服ぬぎし寒さ哉

神戸の錬卿に寄す

思ひやる都のあとの寒さ哉

鬼の念仏の図に

枯れ残る角寒げ也鉦の声

百鬼夜行の図

一ッ目も三ッ目も光る寒さ哉

師走 しわす

板橋へ荷馬のつゞく師走哉

近道に氷を渡る師走哉

小鼠の行列つゞく師走哉

一休の蛸さげて行く師走哉

婚礼の嶋台通る師走哉

鳳輦の静かに過ぐる師走哉

悠然と大船かゝる師走哉

竹藪に師走の月の青さ哉

風吹て白き師走の月夜哉

山里の空や師走の凧一つ

静かさや師走の奥の智恩院

年内立春 ねんないりっしゅん

春立て花の気もなし年の内

前のページへ 004 005 006 007 008 009 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…