サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

小春 こはる

唖の子の雀追はへる小春かな

枯枝に雀むらがる小春かな

西新井

鳩眠る屋根や小春の大師堂

初冬 はつふゆ

初冬の家ならびけり須磨の里

霜月 しもつき

霜月や山の境の茶の木原

霜月や内外の宮の行脚僧

冬日 ふゆひ

冬の日の小藪の隅に落ちにけり

述懐

冬の日の筆の林に暮れて行く

寒さ さむさ

媒にはしる鼬の寒さ哉

大名は牡丹のお間の寒さ哉

なきあとに妹が鏡の寒さ哉

けき然と牛解く音の寒さ哉

追剥の出るてふ松の寒さ哉

寝殿に蟇目の音の寒さ哉

うたゝねはさめて背筋の寒さ哉

大海のとりとめ難き寒さ哉

きぬきぬに念仏申す寒さ哉

入棺の釘の響きや夜ぞ寒き

うねうねと兀山寒し三河道

通されて子牛の穴の鼻寒し

前のページへ 004 005 006 007 008 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…