サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

はじめの冬

日頃烏の来て庵の屋根こつこつとつゝくに此雪ふりてよりたえて其音を聞かねば

屋根の雪鴉の觜のみじかさよ

灯ちらちら木の間に雪の家一つ

火やほしき漁村の雪に鳴く千鳥

松の雪ほたりほたりとをしい事

竹折れて雪は隣へこほしけり

馬の尻雪吹きつけてあはれなり

首入れて巨燵に雪を聞く夜哉

有明に雪つむ四條五條かな

裏窓の雪に顔出す女かな

ちろちろと夕餉たく火や笘の雪

面白や家はやかれて雪の旅

面白やかさなりあふて雪の傘

新潟

青みけり八千八水雪の中

わびしさや団爐裏に煮える榾の雪

根岸草庵 二句

我庵のものぞ上野の杉の雪

我菴や上野をかざす雪明り

吹雪 ふぶき

椽側になくや吹雪のむら雀

あら鷹の眼血ばしる吹雪かな

通天の橋裏白きふゝき哉

雪仏 ゆきぼとけ

雪仏眼二つは黒かりし

はしためが水かけてけり雪仏

雪仏われからにらみ崩れけり

前のページへ 001 002 003 次のページへ

終りの冬の句へ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…