サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木二

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治26年

はじめの冬

渾沌をかりに名づけて海鼠哉

鴨 かも

鴨のなく雑木の中の小池哉

日あたりの入江にたまる小鴨哉

つるされて尾のなき鴨の尻淋し

寒月 かんげつ

寒月や立枯の芭蕉ものものし

寒月や何やら通る風の音

寒月や山を出る時猶寒し

氷 こおり

恐ろしき鴉の觜や厚氷

霙 みぞれ

みぞるゝやふけて冬田の薄明り

霰 あられ

竹垣の外へころげる霰かな

燈心のたばにこぼさぬ霰かな

陣笠のそりや狂はん玉霰

根岸

呉竹の名に音たてゝ霰哉

ある文のあとに

藻汐草かきあつめたる霰哉

雪 ゆき

杉の雪一町奥に仁王門

雪の門叩けば酒の匂ひけり

白雪の筆拾山に墨つけん

雪の野にところところの藁屋哉

雲の跡木履草鞋の別れかな

不忍池

嶋の雪弁天堂の破風赤し

前のページへ 001 002 003 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…