サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治25年

終りの冬

天文 生物

さゝ啼や茂草の奥の松蓮寺

さむらいは腹さへきると河豚汁

媒払のそばまで来たり鷦鷯

蝉のから砕けたあとや帰り花

冬の梅裏手の方を咲きにけり

馬糞の側から出たり鷦鷯

馬糞の中から出たり鷦鷯

はげそめてやゝ寒げ也冬紅葉

干嶋艦覆没

ものゝふの河豚にくはるゝ悲しさよ

麦蒔やたばねあげたる桑の枝

ちる紅葉ちらぬ紅葉はまだ青し

木の葉やく寺のうしろや普請小屋

議会

麦蒔た顔つきもせす二百人

石原に根強き冬の野菊哉

冬枯の草の家つゝく烏哉

薄とも蘆ともつかず枯れにけり

凩に尻をむけけり離れ鴛

小石にも魚にもならず海鼠哉

鮭さげて女のはしる師走哉

焼芋をくひくひ千鳥きく夜哉

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…