サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治25年

終りの冬

天文 地理

くれ竹の雪ひつかつき伏しにけり

内川や外川かけて夕しぐれ

興居嶋へ魚舟いそぐ吹雪哉

瀧壷の渦にはねこむ霰哉

凩にはひつくばるや土亀山

引抜た手に霜残る大根哉

角地の四隅に残る氷かな

寒月に悲しすぎたり両大師

子をかばふ鶴たちまどふ吹雪哉

浪ぎははさらに横ふくふゞき哉

初雪の瓦屋よりも藁屋哉

ふらばふれ雪に鈴鹿の関こえん

吹雪来んとして鐘冴ゆる嵐哉

関守の雪に火を焼く鈴鹿哉

かるさうに提げゆく鍋の霰哉

曙や都うもれて雪の底

熊笹の緑にのこる枯の哉

廿五年 終りの冬 生物

さゝ啼や小藪の隅にさす日影

馬糞のぬくもりにさく冬牡丹

汽車道の一すぢ長し冬木立

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…