サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治25年

終りの冬

天文 地理

吹雪くる夜を禅寺に納豆打ツ

稲かりて力無き冬の初日哉

雪の脚宝永山へかゝりけり

朝霜や藁家ばかりの村一つ

松杉や枯野の中の不動堂

色里や時雨きかぬも三年ごし

夜廻りの鉄棒はしる霰哉

十一騎面もふらぬ吹雪かな

誰かある初雪の深さ見て参れ

乞食*

初雪の重さ加減やこもの上

石手寺*

しくるゝや弘法死して一千年

白きもの又常盤なりふじの雪

赤煉瓦雪にならびし日比谷哉

親牛の子牛をねぶる霜夜哉

しぐるゝやともしにはねる屋根の漏

灯の青うすいて奥あり薮の雪

爪琴の下手を上手にしぐれけり

猪の牙ふりたてる吹雪哉

猪の岩ふみはづす吹雪哉

むつかしき姿も見えず雪の松

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…