サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治25年

終りの冬

人事 器用

顔見せやぬす人になる顔はたれ

常闇を破る神楽の大鼓哉

榾の火に石版摺のすゝけかな

すとうぶや上からつゝく煤払

初暦めでたくこゝに古暦

手をちゞめ足をちゝめて冬籠

貧乏は掛乞も来ぬ火燵哉

世の中を紙衣一つの軽さかな

鼻息に飛んでは軽し宝舟

手と足に蒲団引きあふ宿屋哉

廿五年 終りの冬 天文 地理

鉄眼師によす

凩や自在に釜のきしる音

寄贈馬骨*

凩や京にそがひの家かまへ

訪愚庵*

浄林の釜にむかしを時雨けり

冬の日の二見に近く通りけり

凩や夜着きて町を通る人

とりまいて人の火をたく枯野哉

馬糞も共にやかるゝ枯野哉

新宿に荷馬ならぶや夕時雨

玉川*

鮎死て瀬の細りけり冬の川

冬川の涸れて蛇籠の寒さ哉

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…