サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治25年

終りの冬

人事 器用

鶏もうたひ参らす神迎

達磨忌や混沌として時雨不二

湯の山や炭売帰る宵月夜

節季候の札の辻にて分れけり

どの馬で神は帰らせたまふらん

寒声や誰れ石投げる石手川

遠ざかり行く松風や神送り

松山*

掛乞の大街道となりにけり

塩焼くや煤はくといふ日もなうて

老が歯や海雲すゝりて冬籠

冬籠日記に夢を書きつける

廓*

にくらしき客に豆うつねらひ哉

此頃は声もかれけり鉢たゝき

本陣にめして聞かばや鉢叩

つみあげて庄屋ひれふす年貢哉

道〃にこぼるゝ年のみつぎ哉

ふるまはん深草殿に玉子酒

臘八のあとにかしましくりすます

嵐雪の其角におくる紙衣哉

柊をさす頼朝の心かな

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…