サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治25年

終りの冬

時節

ぬす人のぬす人とるや年の暮

白足袋のよごれ盡せし師走哉

いそがしい中に子を産む師走哉

羽子板のうらに春来る師走哉

年の暮月の暮日のくれにけり

廿五年 終りの冬 人事 器用

鉢叩雪のふる夜をうかれけり

茶店にて*

穂薄になでへらされし火桶哉

月花にはげた頭や古頭巾

炭竈に雀のならぶぬくみかな

古暦雑用帳にまぎれけり

きぬぎぬに寒声きけは哀れ也

金杉や二間ならんで冬こもり

猫老て鼠もとらず置火燵

君味噌くれ我豆やらん冬こもり

同じ名のあるじ手代や夷子講

此度は娵にぬはせじ角頭巾

読書燈*

古はくらしらんぷの煤払

しぐれずに空行く風や神送

乾鮭の腹ひやひやと風の立つ

節分や親子の年の近うなる

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…