サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治25年

終りの冬

時節

松山会*

行年を故郷人と酌みかはす

初冬に何の句もなき一日かな

行年を鉄道馬車に追付ぬ

返事せぬつんぼのぢゞや神無月

屋の棟に鳩のならびし小春哉

御格子に切髪かくる寒さ哉

馬糞のいきり立たる寒さ哉

鳥居より内の馬糞や神無月

馬痩せて鹿に似る頃の寒さ哉

君が代は大つごもりの月夜哉

乾鮭も熊も釣らるゝ師走哉

魚棚に熊笹青き師走哉

年の尾や又くりかへすさかさ川

ありたけの日受を村の冬至哉

乞食寄る極楽道や小六月

仰向けぬ入道畠の寒さ哉

玉川に短き冬の日脚哉

年のくれ乞食の夢の長閑也

きぬきぬにものいひ残す寒哉

年のくれ命ばかりの名残哉

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…