サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治25年

はじめの冬

冬雑

冬枯や蛸ぶら下る煮売茶屋

ものくはでかうもやせたか鉢敲

達磨忌や戸棚探れは生海鼠哉

出つ入つ数定まらぬ小かもかな

犬張子くづれて出たり煤払

鉢叩頭巾をとれははげたりな

面白うたゝかば泣かん鉢叩

宵やみに紛れて出たり鉢敲

森こえて枯野に来るや旅烏

煤払のほこりの中やふじの山

煙草道具 画賛*

吹きならふ煙の龍や冬こもり

手の皺を引きのばし見る火鉢哉

夜著かたくからだにそはぬ寒さ哉

廿五年 終りの冬 時節

いそがしく時計の動く師走哉

高尾山〔二句〕*

凩をぬけ出て山の小春かな

不二を背に筑波見下す小春哉

小春日や又この背戸も爺と婆

冬川の涸れて蛇籠の寒さ哉

為朝のお宿と書し寒さ哉

病人と静かに語る師走哉

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…