サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

寒山落木一

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治廿五壬辰年

はじめの冬 天文

ほんのりと茶の花くもる霜夜哉

北風や芋屋の烟なびきあへず

呉竹の奥に音あるあられ哉

青竹をつたふ霰のすべり哉

一ッ葉の手柄見せけり雪の朝

雪の夜や蓑の人行く遠明り

初雪や小鳥のつゝく石燈籠

初雪をふるへばみのゝ雫かな

一里きて酒屋でふるふみのゝゆき

初雪や奇麗に笹の五六枚

雪の中うたひに似たる翁哉

静かさや雪にくれ行く淡路嶋

雪の日の隅田は青し都鳥

からかさを千鳥はしるや小夜時雨

さらさらと竹に音あり夜の雪

初雪や軽くふりまく茶の木原

雪折の竹に乞食のねざめ哉

白雪におされて月のぼやけ哉

うらなひの鬚にうちこむ霰哉

夜廻りの木に打ちこみし霰哉

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…