サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治32年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治32年

天文

牛部屋に顔出す牛や雪の朝

傘曲る喰物横町小夜時雨

魚河岸や鮫に霜置く冬の月

松島や小き島の松に雪

旅衣不破の時雨にぬらしけり

寒月や枯木の上の一つ星

足跡の盡きし小家や雪の原

足跡の盡きし戸口や雪の原

門待の車夫の鼾や冬の月

ガラス越に冬の日あたる病間哉

冬 地理

割下水きたなき水の氷りけり

行き行きて本所はなるゝ冬田哉

梅龕の墓に花無し霜柱

旅人や諏訪の氷を踏で見る

生垣の外は枯野や球遊び

二つ三つ石ころげたる枯野栽

枯れてさがる檐の荵の氷柱哉

鷹狩や予陽の太守武を好む

冬 動物

波荒るゝ入江の月の千鳥哉

夜食する船乗どもや浦千鳥

前のページへ 003 004 005 006 007 008 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…