サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治32年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治32年

人事

不折の画室開に

祝宴に湯婆かゝへて参りけり

爐のふちに懐爐の灰をはたきけり

餅ついて春待顔の小猫かな

近眼の五度の目鏡や冬籠

贈り物の数を盡してクリスマス

寒声や歌ふて戻る裏の町

丁寧に霜よけしたる蘇鉄哉

蕪村忌の風呂吹くふや四十人

蕪村忌の風呂吹足らぬ人数哉

蕪村忌の人あつまりぬ上根岸

冬 天文

大雪や石垣長き淀の城

背戸の雪水汲む道は絶にけり

初雪や越後の下女の物語

井戸端や鍋も盥も雪の上

水仙の莟は雪にうもれけり

井戸端の雪皆掻てしまひけり

井戸端に雪語り居る朝日哉

掃溜や今物拾し雪の上

梅探る吾妻の森や雪深き

空城や篝もたかぬ夜の雪

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…