サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治32年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治32年

人事

弁当の小豆の飯や神の旅

後れたるちんばの神や神の旅

赤幟疱瘡の神を送りけり

お留守には何事もなし神迎

女神の裸体の像や冬籠

寒垢離の水を浴ひ居る月下哉

世の中を厭ひもはてぬ紙衣哉

ガラス窓に鳥籠見ゆる冬こもり

ガラス窓に上野も見えて冬籠

味噌汁を膝にこぼせし紙衣哉

蜜柑剥く爪先黄なり冬籠

隠居していけ花習ふ紙衣哉

思ひやるおのが前世や冬籠

釈迦に問て見たき事あり冬籠

何事もあきらめて居る冬籠

湯婆燈爐臥床あたゝかに読書哉

湯婆燈爐室あたゝかに読書哉

胼の手を引き隠したるはれ著哉

蕪村忌の写真写すや椎の陰

蕪村忌集る者四十余人

風呂吹の一きれづゝや四十人

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…