サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治32年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治32年

人事

凍えたる手をあぶりけり弟子大工

凍えたる指のしびれや凧の糸

蕪村忌に呉春が画きし蕪哉

年忘一斗の酒を盡しけり

霜やけや武士の娘の水仕事

歯朶を買ふついでに箸をねぎりけり

吉原てはくれし人や酉の市

深川や木更津舟の年籠

年送る銀座の裏や鉢の梅

築地派のお講淋しや普請中

達磨忌や枳穀寺に提唱す

青山の学校に在り冬籠

置火燵雪の兎は解にけり

頭巾著て蕪村の墓に詣でけり

大黒の頭巾を笑ふ布袋哉

爐開に一日雇ふ大工哉

御玄猪や火燵もあけぬ長屋住

此頃は発句の神も御留守哉

いつ見ても青き頭巾の酢売哉

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…