サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治32年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治32年

時候

土凍てし愛宕の山や吹さらし

築地行けば垣根の薔薇や冬の花

霜月の梨を田町に求めけり

寒き日を穴八幡に上りけり

のびのびし帰り詣や小六月

歌反古を焚き居る除夜の火桶哉

寒き夜の町の噂や箒星

庭木高く囮の籠や小六月

病後の墨水に

戸のすきのつめたき風をいとふべし

囮かけて人居らぬ野や小六月

鶏頭のあく迄赤き小春哉

からびたる蝋の鋳形の寒哉

初冬の黒き皮剥くバナナかな

寒さうな外の草木やガラス窓

鳶見えて冬あたゝかやガラス窓

行き逢ふてそ知らぬ顔や大三十日

冬 人事

煤払の埃しづまる葉蘭哉

天井無き家中屋敷や煤払

絵襖の彩色兀ぬ冬籠

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…