サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治32年

このページの句をメールで送信する

明治32年

冬 時候

廓出て仕置場を行く寒哉

行き馴れし墓の小道や杉寒し

甲板に出て星を見る寒哉

寒き夜や妹か門辺の饂飩売

片側は海はつとして寒さ哉

松山の城を見おろす寒哉

襟寒き絹の蒲団や銀襖

みとりする人は皆寝て寒哉

大船の中を漕ぎ出し寒哉

道凍てはだし詣の通りけり

北庭の枯草もなく凍し哉

枯菊や凍たる土に立ち盡す

頬凍て子の帰り来る夕餉哉

駅遠く月氷る野を急ぎけり

宿りそこね月氷る野を急ぎけり

星満つる胡の空や角こほる

隠居して芝居に行や寒の内

白石の墓もつめたき無縁哉

住みなれて冬の蜆や向島

深川は埋地の多き寒さ哉

土凍てし愛宕の山や吹さらし

築地行けば垣根の薔薇や冬の花

霜月の梨を田町に求めけり

寒き日を穴八幡に上りけり

のびのびし帰り詣や小六月

歌反古を焚き居る除夜の火桶哉

寒き夜の町の噂や箒星

庭木高く囮の籠や小六月

病後の墨水に

戸のすきのつめたき風をいとふべし

囮かけて人居らぬ野や小六月

のら猫の糞して居るや冬の庭

鶏頭のあく迄赤き小春哉

からびたる蝋の鋳形の寒哉

初冬の黒き皮剥くバナナかな

寒さうな外の草木やガラス窓

鳶見えて冬あたゝかやガラス窓

行き逢ふてそ知らぬ顔や大三十日

冬 人事

煤払の埃しづまる葉蘭哉

天井無き家中屋敷や煤払

絵襖の彩色兀ぬ冬籠

凍えたる手をあぶりけり弟子大工

凍えたる指のしびれや凧の糸

蕪村忌に呉春が画きし蕪哉

年忘一斗の酒を盡しけり

霜やけや武士の娘の水仕事

歯朶を買ふついでに箸をねぎりけり

吉原てはくれし人や酉の市

深川や木更津舟の年籠

年送る銀座の裏や鉢の梅

築地派のお講淋しや普請中

達磨忌や枳穀寺に提唱す

青山の学校に在り冬籠

置火燵雪の兎は解にけり

頭巾著て蕪村の墓に詣でけり

大黒の頭巾を笑ふ布袋哉

爐開に一日雇ふ大工哉

御玄猪や火燵もあけぬ長屋住

此頃は発句の神も御留守哉

いつ見ても青き頭巾の酢売哉

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

著馴れたる蒲団や菊の古模様

愚哉新婚

結びおきて結ぶの神は旅立ちぬ

足なへのまらうと来たり冬籠

秀真を訪ふ

遊びあるく病の神のお留守もり

冬籠鋳型にたまる埃哉

牛喰へと勤むる人や冬籠

酉の市小き熊手をねぎりけり

吉原を始めて見るや酉の市

傾城に約束のあり酉の市

お宮迄行かで帰りぬ酉の市

お酉様の熊手飾るや招き猫

縁喜取る早出の人や酉の市

女つれし書生も出たり酉の市

子をつれし裏店者や酉の市

遥かに望めば熊手押あふ酉の市

雑鬧や熊手押あふ酉の市

夕餉すみて根岸を出るや酉の市

さそひあふ末社の神や旅でたち

留守狐お供狐を送りけり

先発や出雲へかゝるさゐの神

弁当の小豆の飯や神の旅

後れたるちんばの神や神の旅

赤幟疱瘡の神を送りけり

お留守には何事もなし神迎

女神の裸体の像や冬籠

寒垢離の水を浴ひ居る月下哉

世の中を厭ひもはてぬ紙衣哉

ガラス窓に鳥籠見ゆる冬こもり

ガラス窓に上野も見えて冬籠

味噌汁を膝にこぼせし紙衣哉

蜜柑剥く爪先黄なり冬籠

隠居していけ花習ふ紙衣哉

思ひやるおのが前世や冬籠

釈迦に問て見たき事あり冬籠

何事もあきらめて居る冬籠

湯婆燈爐臥床あたゝかに読書哉

湯婆燈爐室あたゝかに読書哉

胼の手を引き隠したるはれ著哉

蕪村忌の写真写すや椎の陰

蕪村忌集る者四十余人

風呂吹の一きれづゝや四十人

不折の画室開に

祝宴に湯婆かゝへて参りけり

爐のふちに懐爐の灰をはたきけり

餅ついて春待顔の小猫かな

近眼の五度の目鏡や冬籠

贈り物の数を盡してクリスマス

寒声や歌ふて戻る裏の町

丁寧に霜よけしたる蘇鉄哉

蕪村忌の風呂吹くふや四十人

蕪村忌の風呂吹足らぬ人数哉

蕪村忌の人あつまりぬ上根岸

冬 天文

大雪や石垣長き淀の城

背戸の雪水汲む道は絶にけり

初雪や越後の下女の物語

井戸端や鍋も盥も雪の上

水仙の莟は雪にうもれけり

井戸端の雪皆掻てしまひけり

井戸端に雪語り居る朝日哉

掃溜や今物拾し雪の上

梅探る吾妻の森や雪深き

空城や篝もたかぬ夜の雪

牛部屋に顔出す牛や雪の朝

傘曲る喰物横町小夜時雨

魚河岸や鮫に霜置く冬の月

松島や小き島の松に雪

旅衣不破の時雨にぬらしけり

寒月や枯木の上の一つ星

足跡の盡きし小家や雪の原

足跡の盡きし戸口や雪の原

門待の車夫の鼾や冬の月

ガラス越に冬の日あたる病間哉

冬 地理

割下水きたなき水の氷りけり

行き行きて本所はなるゝ冬田哉

梅龕の墓に花無し霜柱

旅人や諏訪の氷を踏で見る

生垣の外は枯野や球遊び

二つ三つ石ころげたる枯野栽

枯れてさがる檐の荵の氷柱哉

鷹狩や予陽の太守武を好む

冬 動物

波荒るゝ入江の月の千鳥哉

夜食する船乗どもや浦千鳥

乾鮭をもらひ蜜柑を贈りけり

日のあたる硯の箱や冬の蝿

冬 木

ことごとく紅莟む室の梅

千駄木に隠れおほせぬ冬の梅

橋越えて淋しき道や冬木立

錠かけし門の落葉や旅の留守

落葉せし槻の枝の囮かな

庭の木にはごかけて置く落葉哉

はご掛けに大工をやとふ落葉哉

山茶花や鳥居小き胞衣の神

山茶花や子供遊ばす芝の上

山林払下

払ひ下げて民に伐らしむ冬木立

紅葉散るや夕日少き杉の森

山茶花の垣根に人を尋ねけり

不折子の画室成る

苦辛こゝに成功を見る冬の梅

冬 草

大根引くあとや蕪引く拍子ぬけ

故郷や蕪引く頃墓参

枯蘆を刈りて洲崎の廓哉

自来也も蝦蟇も枯れけり団子坂

蓮枯て蓼猶赤き水浅み

冬枯やはごにかゝりし鵙の声

雉を打つ人ひそみけり枯葎

萩伐られ菊枯れ鶏頭倒れけり

萩伐られ菊枯れ梅の落葉哉

寒菊やいも屋の裏の吹透し

水仙やものもあげさる藪の神

釣荵床屋が檐に枯れにけり

不折ニ寄ス

画室成る蕪を贈つて祝ひけり

京四明氏より千枚漬を贈られて

蕪村忌の日も近よりぬ蕪漬

大根干す檐の日向や鶸の籠

前のページへ 俳句稿 明治 30 31 32 33 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…