サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治31年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治31年

茶の花や庭のうしろの東山

茶の花やうしろ上りに東山

山茶花に南受ける書斎哉

北庭や日影乏しき枇杷の花

冬木立煙の立たぬ小村哉

門を入りて飛石遠き落葉哉

冬 草

大根引て葱畠は荒れにけり

大根引て葱淋しき畠哉

両岸に大根洗ふ流れ哉

両側に大根洗ふ流れ哉

捷報の来し朝なり大根曳

門前の大根引くなり村役場

大根引く畑にそふて吟行す

大根引く畑にそふて散歩哉

麦を蒔く畑に出でゝ散歩哉

草枯や狼の糞熊の糞

冬枯や熊祭る子の蝦夷錦

霜枯や狂女に吠ゆる村の犬

夕顔の枯れにし宿や狂女住む

きのふ見し狂女も居らず枯芒

前のページへ 010 011 012 013 014 015 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…