サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治31年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治31年

天文

追立つるかたはの馬や夕時雨

鷲の子の兎をつかむ霰哉

初雪の年の内にはふらざりし

道に坐る瞽女と子供と小夜時雨

小坐頭のたはれをかしや雪礫

大雪の鴉も飛ばぬ野山哉

逢ふ人の皆大雪と申しけり

隠れ住む古主を訪ふや雪の村

城門の釘大いなる霰哉

蓑笠や小門を出づる雪の人

冬 地理

潮流の北より来る氷哉

明神の狐と現じ氷哉

枯菊に氷捨てたる朝日哉

水鉢の氷を砕く星月夜

氷噛む狂女が胸の焔かな

人絶えて狂女に逢ひし枯野哉

道哲の寺を過ぐれば冬田哉

田の泥に雁の足跡凍りけり

水鉢の氷捨てたる葉蘭哉

透き通る氷の中の紅葉哉

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…