サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治31年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治31年

人事

日あたりのよき部屋一つ冬籠

山陰や暗きになれて冬籠

咲き絶えし薔薇の心や冬籠

善く笑ふ夫婦ぐらしや冬籠

善く笑ふ男が来たり冬籠

笑ひかゝる児にくれたる頭巾哉

大殿の笑ひ聞えつ年忘

即事 〔三句〕

冬籠る部屋や盥の浮寝鳥

蕪村忌の風呂吹くふや鴨の側

冬籠盥になるゝ小鴨哉

蕪村忌の風呂吹盛るや台所

椽側に切千切るや絵師か妻

並べたる門松店や寺の前

冬 天文

雪探し熊を誘ふ穽

霜の灯は狂女なるべし丑の時

風そふて木の雪落る夜半の音

病む人に戸あけて見する吹雪哉

町に入る吹雪の蓑や旅の人

案内乞ふ合羽の雪や知らぬ人

武蔵野も空も一つに吹雪哉

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…