サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治31年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治31年

人事

冬籠和尚は物をのたまはす

言はんとして頭巾正しぬ卜師

頭巾著る忍ひ姿や落しさし

煤掃や冠の箱雛の箱

霜掩ひ蘇鉄は泣かずなりにけり

何の木そ霜よけしたる塀の内

牡丹ありし処なるべし霜掩ひ

霜よけの笹に風吹く畠哉

霜よけや牡丹の花の一つ咲く

神前の橘の木に霜よけす

移し植ゑて霜よけしたる芭蕉哉

たらちねの遣愛の蜜柑霜よけす

霜早き根岸の庭や霜掩ひ

おちぶれて霜も防がぬ牡丹哉

耳糞の蜂になるまで冬籠

野が見ゆるガラス障子や冬籠

御旅立竈の神を見送らん

早稲田派の忘年会や神楽阪

本所区に編入されぬ冬住居

爐開や厠に近き四畳半

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…