サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治31年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治31年

時候

小説を草して独り春を待つ

犬吠えて夫呼び起す寒夜哉

裁判の宣告のびて歳暮れぬ

裁判の宣告のびて歳暮るゝ

新聞〔三句〕

黒わくに知る人を見る寒哉

行く年の警察種や三頁

新築の窓に墨つく寒哉

伐株や紅盡きし冬の園

冬の朝鯉を求めて市に入る

御幸待つ冬の小村の国旗哉

宮城

大君の御留守を拝む神無月

乏しからぬ冬の松魚や日本橋

蕎麦屋出て永阪上る寒さ哉

床の間に櫁の青き寒さ哉

金性の貧乏者よ年の暮

水草の花に小春の西日哉

土凍てゝ南天の実のこぼれけり

葬の灯の水田にうつる寒哉

冴ゆる夜の北斗を焦す狼烟哉

下総に一日遊ぶ小春哉

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…