サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治30年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治30年

枯るゝ草枯れぬ小草の日陰哉

鎌倉

三代の嵐九代の落葉かな

冬枯や郵便箱もなき小村

冬枯や郵便箱のなき小村

水仙に鼬隠るゝ明家かな

枯菊に庭一ぱいの日南かな

新宅祝

水仙も處を得たり庭の隅

枯葛の草鞋にかゝる日は暮ぬ

市に住んで葱買ひに行く隣哉

豚盡きて葱を貪る主かな

武蔵野の明星寒し葱畑

葱にそふて寒菊咲ぬ鷦鷯

野と隔つ垣破れたり葱畑

背戸広し根深の果の遠筑波

二三本葱買ふて行く人貧し

普化宗の寺の跡なり葱畑

江戸の市に白根の長き根深哉

背戸へ出て蕪洗ふ人や川向ひ

万里長城

冬枯の北を限りて城長し

庭前撮影

水仙の日向に坐して写真哉

前のページへ 012 013 014 015 016 次のページへ

俳句稿 明治31年 冬の句へ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…