サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治30年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治30年

杉垣に山茶花散るや野の小家

ほろほろとゐろりの木葉もえてなし

岡ぞひの家低く屋根に木葉哉

団栗の共に掃かるゝ落葉哉

榎とは知れる榎の落葉哉

庭の木に尾長鳥来て居る落葉哉

椋の木に尾長鳥来て居る落葉哉

吹きおろす木葉の中を旅の人

宮守の賽銭ひろふ落葉かな

林間や落葉掻く子に夕日さす

椎の実のまじる槻の落葉哉

椎の実を探す槻の落葉哉

冬木立鳥啼きやんで飛ぶ音す

寺ありて小料理屋もあり冬木立

一村は竹藪もなし冬木立

其中に柵の境や冬木立

枯葉朽葉中に銀杏の落葉哉

復の卦や昔の妻の返り花

山茶花に飽屑吹く柱立

岡ぞひの蕎麦まだ刈らぬ落葉哉

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…