サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治30年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治30年

人事

枯菊に煤掃き落す小窓哉

煤掃や長持を舁く女業

煤掃の音はたとやむ昼餉哉

煤掃の箒けたゝまし成らぬ恋

病む人の仏間にこもる煤はらひ

長屋中申し合せて煤払

煤払を申合せし長屋哉

煤掃の日をふれまはる差配哉

煤掃の過ぎて会あり芭蕉菴

ひそやかに煤掃く家や嵯峨の奥

うらなひの来ぬ夜となりぬ鉢叩

冬籠る家や鰯を焼く匂ひ

蕪引く頃となりけり春星忌

蕪村忌に会して終に年忘

神の留守を風吹く宮の渡舟

煤掃いて柱隠しの跡白し

もたれよる柱ぬくもる冬籠

地震て冬帽動く柱かな

冬籠柱にもたれ世を観ず

勘当の胼なき足をいとしかる

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…