サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治30年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治30年

人事

手袋の左許りになりにける

メリヤスの手袋しつ下女水を汲む

子供がちにクリスマスの人集ひけり

クリスマスに小き会堂のあはれなる

入営を親父見送る朝まだき

盗人らしきが鍋焼を喰ひ居たる

鍋焼を待ち居れば稲荷様と呼ぶ

鍋焼を待たんかいもを喰はんか

冬服の胸あひかぬる古着哉

道場の隅に火のなき火鉢哉

割木さげし寒稽古の人むれて行く

寒声は宝生流の謡かな

宝生の観世のゝしる火鉢哉

兄弟の子が喧嘩する蒲団哉

人も来ぬ根岸の奥よ冬籠

貧しけれど雪車と雪沓と馬二匹

火鉢二つ二つとも缺げて客来らず

一年の心の煤を払はゞや

埋火や渋茶出流れて猫睡る

露石の運座の硯に

来山は消し炭淡〃はいぶり炭

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…