サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治30年

凡例 シンプルなページに移動

この句をメールに添付する をクリックするとメーラーが起動し、句がメール本文に添付されます

明治30年

時候

冬の夜やいり物くふて詩会ありこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 393改造社版3 312・講談社版3 103

離火坎水夫婦喧嘩に年くるゝこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 393改造社版3 312・講談社版3 103

占ひのつひにあたらで歳暮れぬこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 393改造社版3 312・講談社版3 103

筮竹に塵なき冬の机かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 393改造社版3 312・講談社版3 103

借り家や冴ゆる夜近き汽車の音この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 103

臨月の師走廾日も過ぎてけりこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 103

傾城を見たる師走の温泉かなこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 103

詩一章柿二顆冬の夜は更ぬこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 103

水仙の僅に咲て年くれぬこの句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 103

吉原を通れば除夜の大鼓哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 104

焼跡の柱焦げて立つ寒さ哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 104

新宅の柱巻きある寒さ哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 104

王孫を市にあはれむ師走哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 104

収載句集

子規句集(河東碧梧桐 高浜虚子)師走 175

子規句集(高浜虚子選) 236

冬に入りて菊存す庵や岡の北この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 104

有感

つくつくと来年思ふ燈下哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 394改造社版3 313・講談社版3 104

冬 人事

柴垣に紙衣干したる小家哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 395改造社版3 313・講談社版3 104

戸を叩く女の声や冬籠この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 395改造社版3 313・講談社版3 104

収載句集

子規句集(高浜虚子選) 236

いもの皮のくすぶりて居る火鉢哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 395改造社版3 313・講談社版3 104

法律の議論はじまる火鉢哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 395改造社版3 313・講談社版3 104

穴多きケツトー疵多き火鉢哉この句をメールに添付

子規全集

アルス版3 395改造社版3 314・講談社版3 104

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…