サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治30年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治30年

時候

王子

追〃に狐集まる除夜の鐘

出家せんとして寺を思へば寒さ哉

碧梧桐天然痘にかゝりて入院せるに遣す

寒からう痒からう人に逢ひたからう

大赦

赦されて囚人薄き衣寒し

赦にあふて衣手あらみ寒に泣く

冬されの厨に赤き蕪かな

青山や弔砲鳴つて冬の行く

いもくひながら四谷帰る夜の寒かりし

蜜柑を好む故に小春を好むかな

追剥の出るか出るかと衿寒き

草庵

冬さびぬ蔵澤の竹明月の書

冴ゆる夜や女ひそかに剣習ふ

雲もなき不二見て寒し江戸の町

毒龍を静めて淵の色寒し

叡山

将門の都睨みし山寒し

畑の木に鳥籠かけし小春哉

根岸名所の内

かいまみる寒竹長屋冬の婆

薔薇赤く菊猶存す冬の庵

フランスの一輪ざしや冬の薔薇

年の夜やいり物くふて詩会あり

前のページへ 001 002 003 004 005 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…