サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

俳句稿 明治30年

このページの句をメールで送信する

明治30年

冬 時候

汐引いて棒杭寒き入江かな

此歳暮易の面も党束なし

戸をあけて愛す小春の小山哉

四十にて子におくれたる寒さ哉

虚吼子より贈られて

冬されの厨に京の柚味噌あり

冬されの小村を行けば犬吠ゆる

皇太后陛下御病気

この寒さ神だちも看とり参らせよ

人住まぬ別荘寒し樫木原

よらで過ぐる京の飛脚や年の暮

皇太后陛下崩御十句

御灯青く通夜の公卿衆の顔寒き

召したまふ御声もなくて寒き夜や

世の中のひつそりとなる寒さ哉

崩御遊ばさる其夜星落ち雲こほる

御船前に真榊隠れ灯の寒き

平民の御悔み申す寒さ哉

御停止や鳥啼いて昼の鍾こほる

涙さへ盡きて余りの寒さかな

女房泣く声冴えて御所の夜更けたり

物部の手に剣寒し喪のしるし

蜻蛉の地蔵なぶるや小春の野

王子

追〃に狐集まる除夜の鐘

出家せんとして寺を思へば寒さ哉

碧梧桐天然痘にかゝりて入院せるに遣す

寒からう痒からう人に逢ひたからう

大赦

赦されて囚人薄き衣寒し

赦にあふて衣手あらみ寒に泣く

冬されの厨に赤き蕪かな

青山や弔砲鳴つて冬の行く

いもくひながら四谷帰る夜の寒かりし

蜜柑を好む故に小春を好むかな

追剥の出るか出るかと衿寒き

草庵

冬さびぬ蔵澤の竹明月の書

冴ゆる夜や女ひそかに剣習ふ

雲もなき不二見て寒し江戸の町

毒龍を静めて淵の色寒し

叡山

将門の都睨みし山寒し

畑の木に鳥籠かけし小春哉

根岸名所の内

かいまみる寒竹長屋冬の婆

薔薇赤く菊猶存す冬の庵

フランスの一輪ざしや冬の薔薇

年の夜やいり物くふて詩会あり

冬の夜やいり物くふて詩会あり

離火坎水夫婦喧嘩に年くるゝ

占ひのつひにあたらで歳暮れぬ

筮竹に塵なき冬の机かな

借り家や冴ゆる夜近き汽車の音

臨月の師走廾日も過ぎてけり

傾城を見たる師走の温泉かな

詩一章柿二顆冬の夜は更ぬ

水仙の僅に咲て年くれぬ

吉原を通れば除夜の大鼓哉

焼跡の柱焦げて立つ寒さ哉

新宅の柱巻きある寒さ哉

王孫を市にあはれむ師走哉

冬に入りて菊存す庵や岡の北

有感

つくつくと来年思ふ燈下哉

冬 人事

柴垣に紙衣干したる小家哉

戸を叩く女の声や冬籠

いもの皮のくすぶりて居る火鉢哉

法律の議論はじまる火鉢哉

穴多きケツトー疵多き火鉢哉

丈八のお駒をなぶる火鉢哉

火鉢抱いて灰まぜて石を採り得たる

わびしさは炭団いけたる火鉢哉

小説の趣向つゞまらぬ火鉢哉

医師の宅や火鉢に知らぬ人と対す

火鉢の火消えて何やら思ふかな

いとし子に赤き頭巾を冠せたる

頭巾着て饂飩くひ居る男哉

皇太后陛下崩御〔三句〕

御姿は夢見たまへる衾かな

もろもろの楽器音なく冬籠る

洟のせんかたもなく喪に籠る

同 囚人の服役を免す

あかゞりの手をいたわりて泣く夜哉

炭はねて待人遅し鼠鳴く

爐開や赤松子われを待ち盡す

若き尼紅梅の枝に大根干す

碧梧桐天然痘にかゝりし由聞て

もの神の火鉢の上にあらはれし

同し時虚子に遣す

為朝を呼んで来て共に冬籠れ

三年にして帰ればわが子髪置す

煙草盡きて酒さめぬ独り火鉢に倚る

かたき討つて頭剃りたる頭巾哉

納豆喰ふて児学問に愚なり

大喪

黒わくの手紙受け取る冬籠

いも屋の前に焼けるを待つ下女子守なんど

ケツトーの赤きを被り本願寺

縮緬の衿巻臘虎の帽子かな

ひゞの顔にリスリンを多くなすりたる

毛布被りたるがまじりし寄席の帰り哉

停車場の椅子に襟巻を忘れしよ

襟巻に顔包みたる車上かな

四角なる冬帽に今や帰省かな

冬帽の我土耳其といふを愛す

冬帽の十年にして猶屬吏なり

消燈の鐘鳴り渡る煖爐かな

つきづきしからぬもの日本の家に暖爐

ストーブに濡れたる靴の裏をあぶる

外套の剥げて遼東より帰る

外套を着かねつ客のかゝへ去る

喰ひ盡して更に焼いもの皮をかぢる

焼いもと知るく風呂敷に烟立つ

焼いもの水気多きを場末かな

手袋の左許りになりにける

メリヤスの手袋しつ下女水を汲む

子供がちにクリスマスの人集ひけり

クリスマスに小き会堂のあはれなる

入営を親父見送る朝まだき

盗人らしきが鍋焼を喰ひ居たる

鍋焼を待ち居れば稲荷様と呼ぶ

鍋焼を待たんかいもを喰はんか

冬服の胸あひかぬる古着哉

道場の隅に火のなき火鉢哉

割木さげし寒稽古の人むれて行く

寒声は宝生流の謡かな

宝生の観世のゝしる火鉢哉

兄弟の子が喧嘩する蒲団哉

人も来ぬ根岸の奥よ冬籠

貧しけれど雪車と雪沓と馬二匹

火鉢二つ二つとも缺げて客来らず

一年の心の煤を払はゞや

埋火や渋茶出流れて猫睡る

露石の運座の硯に

来山は消し炭淡〃はいぶり炭

芳原詞ノ内〔二句〕

綿入の袂探りそなじみ金

木瓜の紋なつかしき蒲団哉

芭蕉忌に参らずひとり柿を喰ふ

我は京へ神は出雲へ道二つ

水に映る火事は堀端通り哉

森の上に江戸の火事見ゆ夜の曇り

火事の鐘に雨戸あくれば月夜哉

振返る二重まはしや人違ひ

絲赤く手袋の破れ繕ひし

紺足袋の下女になじみやいもの銭

芭蕉忌の下駄多き庵や町はづれ

故郷の巨燵を思ふ峠かな

年忘酒泉の太守鼓打つ

小障子の隅に日あたる冬籠

切疵もまじりぬ下女か指の胼

袴著て手の凍えたる童哉

さめさめと狂女泣居る十夜哉

来年の暦もはりぬ古暦

穴荒て狐も留守よ神の供

薬喰の鍋氷りつく朝哉

枯菊に煤掃き落す小窓哉

煤掃や長持を舁く女業

煤掃の音はたとやむ昼餉哉

煤掃の箒けたゝまし成らぬ恋

病む人の仏間にこもる煤はらひ

長屋中申し合せて煤払

煤払を申合せし長屋哉

煤掃の日をふれまはる差配哉

煤掃の過ぎて会あり芭蕉菴

ひそやかに煤掃く家や嵯峨の奥

うらなひの来ぬ夜となりぬ鉢叩

冬籠る家や鰯を焼く匂ひ

蕪引く頃となりけり春星忌

蕪村忌に会して終に年忘

神の留守を風吹く宮の渡舟

煤掃いて柱隠しの跡白し

もたれよる柱ぬくもる冬籠

地震て冬帽動く柱かな

冬籠柱にもたれ世を観ず

勘当の胼なき足をいとしかる

声涸れて力無き嫗の朝な朝なに呼び来る納豆の辛き世こそ思ひやらるれ

豆腐屋の来ぬ日はあれど納豆売

納豆買ふ屋敷もふゑて根岸町

どてら著て長脇指の素足哉

火桶張る嫗一人や岡の家

蕪村忌や蕪よせたる浪花人

冬天文

水鉢や雀噛みあふ雪の竹

ちらちらと障子の穴に見ゆる雪

雪此夜積まんといひて寝ぬる哉

静かさに雪積りけり三四尺

井戸端や水汲む女雪をかこつ

ちらちらと雪になりしか又止みぬ

道ばたの冬菜の屑に霜白し

二三人火を焚く雪の木の間哉

国中喪〔二句〕

黒き旗に雪ふりかゝり人稀也

雪となり雨となり旗半ばなり

皇太后崩御

廃朝や馬も通らず寒の雨

厠出て雨戸あくれば冬の月

凩の寺は釣鐘一つなり

霰やんで笠ぬげば月空に在り

舟呼べば答あり待てば雪ちらちら

霜に寝て案山子誰をか恨むらん

北風に向いて堀端通りかな

北風に鍋焼温泉呼びかけたり

雀をりをり雨戸の内に入りて寝るは吾の機を忘れたるにやはた人住まぬ家と思へるにや

住み荒れて雀来て寝る橡の霜

大雪になるや夜討も遂に来ず

大雪や狼人に近く鳴く

雪にくれて狼の声近くなる

狼の吾を見て居る雪の岨

狼のちらと見えけり雪の山

酒さめて楓橋の夢霜の鐘

芳原詞の内

居つゞけに禿は雪の兎かな

根岸名所の内

門とざす狸横町の時雨哉

松にしぐれ杉に鴬鳴く夕日哉

弁当提げて役所を出れば夕時雨

夢ニモアラズ幻ニモアラズ

凩に誤つて火を失す後陣哉

馬糞見る夷に近き原の霜

から城に鵲さわぐ霰かな

送別

雪に明けて星のあたりや君か馬

凱旋や天子見そなはす鬢の霜

十万の髑髏の夢や草の霜

子を拾つる女と見ゆれ冬の月

富士

雪をフぐ蓮花一千四百丈

渡し場や下駄はいてのる舟の霜

凩の北に国なし日本海

冬 地理

水多き冬田の慈姑枯れて立つ

人もなし夕日落ちこむ枯野原

君と共に菫摘みし野は枯れにけり

葬礼の二組つゞく枯野哉

水深く水草見ゆる冬田哉

旅二人話盡きぬる枯野哉

道連の無口なりける枯野哉

冬 動物

水鳥や麓の池に群れて居る

海鼠黙し河豚ふくるゝ浮世かな

海鼠黙し河豚嘲る浮世かな

乾鮭は魚の枯木と申すべく

乾鮭の切口赤き厨かな

河原讒して鮭死す海鼠黙〃たり

老僧は人にあらず乾鮭は魚に非ず

熊売つて乾鮭買ふて帰りけり

乾鮭や市に隠れて貧に處す

乾鮭の髑髏に風の起る哉

孟子乾鮭を好み筍子河豚を愛す

乾鮭北より柚味噌南より到る

乾鮭は成仏したる姿かな

鯨煮つゝ?打ちし一伍一什を話す

鯨逃げて空しく帰る小舟かな

一休の糞になつたる海鼠哉

切に誡む海鼠に酒をのむ勿れ

二村の男女あつまる鯨哉

寒鮒を尋ねて市に鯉を得つ

水鳥の昼眠る池の静さよ

水鳥や焚火に逃げて洲の向ふ

矢は水に入る水鳥の別哉

枯菰や水鳥浮て沼広し

不忍

待合や水鳥鳴てぬるき燗

水鳥や礫とゞかぬ濠の隅

水鳥や栄華の夢の五十年

旅にして水鳥多き池を見つ

水鳥や盗人帰る夜明方

水鳥に松明照す夜の人

から鮭のさしみや鴨はもらひ物

占へは噬こう河豚に咎なし

庫裡腥くある夜海鼠の怪を見る

鯨突く小舟は沖に見えずなりぬ

荒磯や鯨の舟を待つ妻子

七尺の男なりけり鯨売

鯨突に通り合せし旅路哉

お長屋の老人会や鯨汁

灯ともして鯨にさわぐ小村哉

房州の沖を過行く鯨哉

?取て鯨に向ふ男かな

鷹据て人憩ひ居る野茶屋哉

献上の鷹据ゑて行く裾野哉

献上の鷹に逢ひけり原の駅

献上の鷹通りけり箱根駅

献上や五十三次鷹の旅

鯨突く日本海の舟小し

鯨逃げて北斗かゝやく海暗し

木兎を馬鹿にしにくる雀哉

冬 木

聳えたる枯木の中や星一つ

杉垣に山茶花散るや野の小家

ほろほろとゐろりの木葉もえてなし

岡ぞひの家低く屋根に木葉哉

団栗の共に掃かるゝ落葉哉

榎とは知れる榎の落葉哉

庭の木に尾長鳥来て居る落葉哉

椋の木に尾長鳥来て居る落葉哉

吹きおろす木葉の中を旅の人

宮守の賽銭ひろふ落葉かな

林間や落葉掻く子に夕日さす

椎の実のまじる槻の落葉哉

椎の実を探す槻の落葉哉

冬木立鳥啼きやんで飛ぶ音す

寺ありて小料理屋もあり冬木立

一村は竹藪もなし冬木立

其中に柵の境や冬木立

枯葉朽葉中に銀杏の落葉哉

復の卦や昔の妻の返り花

山茶花に飽屑吹く柱立

岡ぞひの蕎麦まだ刈らぬ落葉哉

冬 草

きのふけふ枯菊がちになりにけり

皇太后崩御二句

御倹徳を水仙にたとへ申さんか

冬枯に漏れたまはぬぞ是非もなき

枇杷の花散りて石蕗今を盛なり

根岸の草庵に故郷の緋蕪をおくられて

緋の蕪の三河嶋菜に誇つて曰く

冬枯の様や芭蕉も義仲も

水仙や晋山の僧黄衣なり

古道や馬糞日の照る枯芒

草枯や囚徒飯くふ道普請

題アイノ図

枯芒さすが女に髯はなし

物踏で枯草になする雪踏哉

枯芝にこぼるゝ冬の薔薇哉

草枯れて武蔵野低きながめ哉

花ながら下葉枯行く小草哉

草枯や矢をはぐ夷入墨す

草枯や矢をはぐ夷髯長し

草枯や埋井の底に夕日さす

とげの木に蔓草枯れて茶色の実

水草や水あるかたに枯れ残る

黄菊白菊皆枯草の姿かな

枯るゝ草枯れぬ小草の日陰哉

鎌倉

三代の嵐九代の落葉かな

冬枯や郵便箱もなき小村

冬枯や郵便箱のなき小村

水仙に鼬隠るゝ明家かな

枯菊に庭一ぱいの日南かな

新宅祝

水仙も處を得たり庭の隅

枯葛の草鞋にかゝる日は暮ぬ

市に住んで葱買ひに行く隣哉

豚盡きて葱を貪る主かな

武蔵野の明星寒し葱畑

葱にそふて寒菊咲ぬ鷦鷯

野と隔つ垣破れたり葱畑

背戸広し根深の果の遠筑波

二三本葱買ふて行く人貧し

普化宗の寺の跡なり葱畑

江戸の市に白根の長き根深哉

背戸へ出て蕪洗ふ人や川向ひ

万里長城

冬枯の北を限りて城長し

庭前撮影

水仙の日向に坐して写真哉

の蕪の三河嶋菜に誇つて曰く

冬枯の様や芭蕉も義仲も

水仙や晋山の僧黄衣なり

古道や馬糞日の照る枯芒

草枯や囚徒飯くふ道普請

題アイノ図

枯芒さすが女に髯はなし

物踏で枯草になする雪踏哉

枯芝にこぼるゝ冬の薔薇哉

草枯れて武蔵野低きながめ哉

花ながら下葉枯行く小草哉

草枯や矢をはぐ夷入墨す

草枯や矢をはぐ夷髯長し

草枯や埋井の底に夕日さす

とげの木に蔓草枯れて茶色の実

水草や水あるかたに枯れ残る

黄菊白菊皆枯草の姿かな

枯るゝ草枯れぬ小草の日陰哉

鎌倉

三代の嵐九代の落葉かな

冬枯や郵便箱もなき小村

冬枯や郵便箱のなき小村

水仙に鼬隠るゝ明家かな

枯菊に庭一ぱいの日南かな

新宅祝

水仙も處を得たり庭の隅

枯葛の草鞋にかゝる日は暮ぬ

市に住んで葱買ひに行く隣哉

豚盡きて葱を貪る主かな

武蔵野の明星寒し葱畑

葱にそふて寒菊咲ぬ鷦鷯

野と隔つ垣破れたり葱畑

背戸広し根深の果の遠筑波

二三本葱買ふて行く人貧し

普化宗の寺の跡なり葱畑

江戸の市に白根の長き根深哉

背戸へ出て蕪洗ふ人や川向ひ

万里長城

冬枯の北を限りて城長し

庭前撮影

水仙の日向に坐して写真哉

前のページへ 俳句稿 明治 30 31 32 33 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…