サイト内検索
寒山落木一 表紙

デスクトップトラベル 子規の旅

正岡子規の俳句を子規直筆の原稿で味わうショートタイムトリップ。

 〔俳句稿以後〕 明治34年

このページの句をメールで送信する 詳しいデータを表示する

明治34年

地理

家めぐる冬田の水の寒さかな

貧乏な村をとりまく冬田かな

冬田広く遥かに見ゆる小城かな

緒の切れし下駄捨てゝある冬田かな

冬 動物

鯨〔二句〕

鯨取る舟を見送る妻子かな

鯨汁鯨は盡きてしまひけり

浮寝鳥〔六句〕

鴛鴦の二つ並んで浮寝かな

居る程の小鴨動かぬ浮寝かな

かいつぶり浮寝のひまもなかりけり

浮寝鳥平入道の天下かな

水遠く渚曲りて浮寝鳥

徳川の夢や見るらん浮寝鳥

鷦鷯

物あればすなはち隠るみそさゞい

鴛鴦〔四句〕

静かさやをしの来て居る山の池

をしの中を邪魔する鳥もなかりけり

いつからのやもめぐらしぞをし一つ

飼ひなれしをしや汽車にも驚かず

冬 木

冬木立色ある者はなかりけり

盗人の金や隠せし冬木立

二三本杉もまじりて冬木立

前のページへ 001 002 003 004 005 006 次のページへ

Yahoo! カテゴリ掲載サイトです

旅行、観光 > 旅のノウハウ

“のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉”この句をメールに添付をクリックで子規の俳句を添えたメールが送れる!

旅のパラメーター

今年のあなたのディスティネーションは…

都道府県ランキング

自分で作る47都道府県ランキング…